この記事の目次







  

JADRIについての簡単な説明



ここでは「JADRIって何?」ということについて、車を処分する上で必要なことだけ紹介します。



ご存知の方は、読み飛ばして下ページの車の処分のお金がない人の査定依頼の簡単な結論からご覧ください。



JADRIとは


JADRIというのは、中古車業界の売買の健全化を目的として設立された一般社団法人です。





JADRIのアドレス → http://www.jadri.or.jp/



加盟するためには、JADRIの審査に合格しなければならず、加盟した業者では二重査定を禁止していたりします。



ちなみに二重査定というのは、最初に高値で売ると業者が言ってきて、車の持ち主が売るといったら、後からいろいろ言ってきて買取価格を減額してくる査定方法です。



「本部の許可が下りなかった」とか「重大な瑕疵(法律で認められた欠陥)が見つかった」などと言ってきます。





JADRI加盟店一覧のページ


ここではJADRI加盟店一覧のページを紹介します。このページを「お気に入りに追加」などで覚えておけば、後の買取業者一覧表示の時のチェックに便利です。


JADRI 加盟店一覧

http://www.jadri.or.jp/member/?no=0


↑あいうえお順に企業名が並んでいます。







  

車の処分のお金がない人の査定依頼の簡単な結論



まずは、車の処分のお金がない人が、どうやったらJADRI加盟店のみに査定依頼を出せるのか?という結論を紹介しておきます。


  • カーセンサー.netという一括査定サイトは、査定依頼を出す前に車の情報と郵便番号のみで査定依頼を出す買取業者がわかるので、JADRI加盟店のみにチェックを入れて査定依頼を出す

  • カーセンサー.netでは、自由記入項目があるので、車が動かないことや故障中であることも書ける(これを書いておいた方が業者を絞りやすい)

  • ズバットという一括査定サイトも車の情報と個人情報を打ち込む必要があるけれども、事前の確認画面で買取業者一覧を表示してくれるので、JADRI加盟店のみにチェックを入れて査定依頼を出すことができる



また、本題とはずれますが、カーセンサー.netという一括査定サイトでは「メールのみでの連絡希望」と書ける欄があるので、



「業者からかかってくる電話は最小限にしたい」という場合は、「メールのみでの連絡希望」と書いて査定依頼を出す方法もあわせて紹介します。



というわけで、それぞれの具体的な方法を紹介していきます。




  

カーセンサー.netでJADRI加盟店のみにチェックを入れて査定依頼を出す方法



まずは、(下で紹介しているリンク先から)カーセンサー.netに行くと、以下のような画面が表示されます。





車名や郵便番号などを入力し、「3分で終わるカンタン入力申し込みスタート」ボタンをクリックすると、以下のように買取業者一覧が出てきます。


カーセンサー.net



後は、JADRI加盟店のみにチェックを入れればいいだけです。



故障車だったり動かない車だったりして、具体的に記入したいことがあれば、自由記入項目に書くと良いでしょう。



自由記入欄は、先ほどの買取業者一覧の画面の下の方に行くと、以下のような部分がありますので、





赤四角の「装備、その他オプションなど、お車のアピールポイントは、こちらをクリック」をクリックすると、以下のような記入項目が現れます。





後は、赤四角に書きたいことを記入すれば良いだけです。


カーセンサー.net





  

ズバットでJADRI加盟店のみにチェックを入れて査定依頼を出す方法



ズバットも原則、同じです。



下記リンク先のページで車の情報と個人情報を入れると以下のような買取業者一覧の画面が出るので、チェックを入れたり外したりして査定依頼をすればよいだけです。


ズバット



ズバット




  

カーセンサー.netで「メールのみでの連絡希望」と書く方法



先ほどの買取業者一覧を表示していた所から、さらに下の方に行くと、以下のような画面が表示されるので





「売却希望日時など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」という赤四角でかこった所をクリックします。



すると、さらに以下のような入力枠が出ますので、





赤四角部分の欄に「メールでの連絡のみ希望」と書けばOKです。


カーセンサー.net





  

電話がかかってきた時の3つの応対例



買取業者も車を実際に見ないことには正確な査定が出せません。その日取りを決めるために電話をかけてくることはあります。



それ以外のしつこい営業電話などがかかってこないような予防線をはるための応対例を紹介しておきます。



次からは「メールでの連絡でお願いします」と伝える


JADRI加盟店なら、電話の応対も節度のあるものばかりだと思います。まずは「次からはメールの連絡でお願いします。」と言っておきましょう。



それでたいがいの業者はメールのみでの連絡になります。





JADRIを知っていることを電話でさりげなく伝える


JADRI加盟店はコストや労力をかけて加盟したJADRIにクレームを入れられることを恐れています。(脱退させられたら加盟のためのコストや労力が無駄になるためです。)



JADRIを知っていることを相手に伝えるだけで、予防線をはることができるでしょう。



素直に「そちらはJADRIに加盟されていますか?」と聞くのが手っ取り早いかもしれません。^^;)





1日以上経っていれば、既に売ったと言う


カーセンサー.net以外の一括査定サイトに査定依頼をすると、電話はかかってきます。



その場合の断りの手段として、「既に車を売ってしまった」と伝える方法があります。



さすがに一括査定依頼をして、翌日にというのは無理がありますが、1日以上経てば問題ないでしょう。



「どこの店に売ったのか?、買取金額はいくらだったのか?」などと聞かれるかもしれまんが、「そのお店との約束で教えられない」と言っておきましょう。








以上、車処分のお金がない人はJADRI加盟店の買取業者がおすすめの話、でした。


カーセンサー.net




ズバット




inserted by FC2 system